中断証明書の発行条件

「中断証明書」は、保険契約期間中に車を廃車にしたり、中古車ディーラーに売却したりして、保険の満期を待たずに、または満期が来ても更新することなく自動車保険を中断した場合に、一定の発行条件のもとに保険会社から発行される証明書のことです。

 
このほかにも、転勤や留学などの理由で海外渡航をする必要が発生して、車を一時的に国内で乗らなくなったために保険を中断する場合についても、同様にこの証明書を取得することができます。

 
この証明書があれば、次回保険契約を締結する際に、以前のノンフリート等級を適用することができるため、まったく新しく契約を結ぶよりも安い保険料で済むことになります。

 
この証明書が取得できる条件はいくつかありますが、まず、次回適用されることになるノンフリート等級が7等級以上あることが必要です。これは、そもそも新規契約の場合のノンフリート等級が6等級から始まることになっているためです。

 
また、保険契約を中断した日の翌日から13か月以内であることも必要です。自動車保険の仕組みでは、事故を起こして等級が低くなったとしても、いったん解約して13か月経過すれば最初の6等級から加入することができますが、逆にこの13か月が経過すると、保険料のメリットがある上の等級であっても引き継がれない取り決めになっているためです。

Comments are closed.