解約日・満期日に関する条件

自動車保険は過去に保険金を払う必要が有ったかで、保険料の割引率や割増率が決まります。そして無事故で居続ければ、毎年一つずつ等級が上がって行って、その分割引率が大きくなっていきます。ただせっかくそうやって等級を上げたのに、自動車に乗るのを事情により、しばらく乗らないからと保険を解約してしまうと、今度車に載るようになったら、また最初の等級からやり直しになります。

 

 

その場合は、保険会社に中断証明書を発行してもらうことで、等級を最大10年間保存することが出来ます。ただ中断証明書を発行してもらうには一定の条件と手順が必要になってきます。

 

 

自動車保険契約の保険契約開始日から、解約日・満期日の間、契約しているマイカーに、廃車または他人への譲渡、返還がされていること。車検証の期限が切れてもう車検を受けていないこと。一時的に自動車の使用を中断する一時抹消がされていることです。

 

 

海外渡航の場合は、それらの条件は関係ないですけど、出国日が自動車保険の契約の満期日から6ヶ月までに発行をしてもらわなければなりません。

ただこれらの条件を満たしていても、7等級以上で無いと中断証明書は発行されませんから、その点は注意が必要です。

Comments are closed.