期間に関する条件

一般的な名称で、自動車保険と呼ばれているものには、任意加入の自動車保険がメインとされています。

 

この保険の場合では、加入は基本的には1年ごとに行われることになり、保険料の見直しに関しても毎年変動する可能性を持っています。事故などを起こしてしまい、自動車保険を利用した方の場合では、等級が下がり支払額も増えることになりますが、逆に無事故で過ごしている方の場合では、毎年等級が上がることになり、保険料が下がることが基本になります。この保険に関しては、条件として自動車を抹消登録したり、他人に譲渡したり、車検を通していない状態であれば、いわゆる中断証明書を発行してもらうことによって、将来的に再び自動車に乗る機会が出た場合では、新規に自動車保険に加入することなく、等級をそのまま引き継ぐことが可能とされています。

 

期間に関する内容では、最大で10年間とされているために、長期的な視野を持っている方の場合では非常に効果的に利用することのできるシステムになります。再利用する際の条件としては、新規に自動車を取得してから1年以内に加入することや、自動車の所有者、そして被保険者、自動車の使用目的や車両区分が同じことが必要とされています。

Comments are closed.