所有者・用途の条件

自動車保険の任意保険加入には条件があります。その条件によって保険料などの負担額も変わります。まずは加入者だけが運転手かどうかです。またその用途も重要で、毎日通勤で使用するのかあるいはレジャーなどで決まった曜日だけ運転をするのかなどで変わってきます。一般的には通勤で使用する場合には使用する頻度が多くなることから、保険料の負担も重くなるのが一般的です。

花06
これらは自動車の所有者の名義で請求等がなされるのが一般的で、また保険加入者も名義人である車検証上の人になることになります。これらは保険契約時に必要な加入申込書類などで添付を求められますので、そこで必ず保険会社側によって確認がなされますので、間違えたりあるいは嘘を言ったりしないようにすることはもちろんのこと、もし、用途などが変わって通勤で使用する場合にはその旨を伝達する必要があります。通勤でもっぱら使用しているのにレジャーだけでの用途で届け出を出していれば、それはもちろん契約違反になってしまうので、注意が必要です。

 
なお、どれが一番ウェイトが高いのか分からない場合には、保険会社に確認をしてみることも必要になるケースがありますが、ある程度は自己判断になります。

Comments are closed.