等級に関する条件

自動車保険には等級と呼ばれる仕組みがあります。これは保険料の算定条件として一般的なものであり、契約初期には何の割増も割引もない状態でスタートし、契約期間中に保険の請求が無い状態で継続していくと1年ごとにグレードが上がり、同じ条件であっても安い保険料で契約が出来るようになっていくという仕組みが存在しています。その割引率は非常に高く、最大の場合では半額以下になることで知られています。

 
一方で事故などが多く、保険請求を頻繁に行うと、どんどんとグレードが落ちていくという仕組みになっています。そうなってしまうと問題になるのが保険料です。事故が多い問題の多い契約者ということで割増保険料になることは避けられません。一度上がってしまった保険料は無事故の状態を継続することでしか安くなることはありません。そのため長い期間において保険料を余分に支払わなくてはならなくなるのです。

 
一方で、高い保険料を嫌気して他の保険会社に移ることはできません。保険のグレードの情報は保険会社同士で共有されていますので別のところに移ったからと言ってリセットされるわけではないのです。また多重事故者の場合は新規契約を断られることも多く、割増料金を払ってでも継続するしかないのです。

Comments are closed.